ヒメカンムリツチグリ
Geastrum quadrifidum DC. ex Pers.

ヒメツチグリ目 ヒメツチグリ科 ヒメツチグリ属


 
awful taste 食不適

 トドマツ、アカエゾマツなどの針葉樹の落葉上に群生する。

 幼菌は球形、はじめ地中にあるが成熟後地上にでて、外皮を4~5片の星型に開き、アーチ型に屈曲して立つ。
 内皮は短柄、白色微粒を帯び、円座があり孔縁部は繊維状。


〔似たキノコ〕
 → コフキクロツチグリ の外皮は成熟・裂開すれば、最外層の菌糸膜と共に子実体の直下に皿状に残る。
 → 本種は外皮をアーチ型に屈曲して立つが、タイコヒメツチグリ(糟谷)Geastrum fornicatum (Huds.) Hook.は外皮の縁を内側に曲げてまっすぐに直立。