ヒメカバイロタケ
Xeromphalina campanella (Batsch : Fr.) Maire

ハラタケ目_ガマノホタケ科_ヒメカバイロタケ属


ヒメカバイロタケ_桜山_

 
awful taste 食不適

 夏から秋にかけて半分腐りかけた針葉樹の倒木や切り株上に群生する。

 傘は初め鐘形からまんじゅう形で後には開いて中心部がくぼむ。色は橙黄褐色から黄褐色で湿っている時は表面に条線がみられる。
 ひだは淡黄褐色で並び方はやや疎、柄に垂生する。
 柄は上部が黄色、下部が褐色でカサの中心につく。


〔似たキノコ〕
 → 類似のきのこにヒメカバイロタケモドキがあるが、 このきのこはさらに小型で表面は多少微毛を帯び、柄は傘の中心からややはずれてつく点で区別できる。

ヒメカバイロタケ 20130727 桜山
20160904 sunagawa
20160904 sunagawa