ヒメヒガサヒトヨタケ
(別名;ヒダヒトヨタケ)
Parasola plicatilis (Curtis) Redhead, Vilgalys & Hopple

ハラタケ目_ナヨタケ科_ヒメヒガサヒトヨタケ属


ヒメヒガサヒトヨタケ_20131010_利根別

 
unclear 食毒不明

 春~秋、芝生、道端、草原などに見られる。

 傘中央に薄茶色の丸く浅い凹みがあり、その周囲から扇状のラインを刻んでいる。
 径1~3cm、柄は太さ1~2mm、長さ4~7cm。
 可憐で、はかなく1日で消える。


〔似たキノコ〕
 ザラエノヒトヨタケは名前の通り、柄にササクレ(綿毛様鱗片)がある

 きわめて近縁のコツブヒメヒガサヒトヨタケは胞子が小さい。
 ヒメヒガサヒトヨタケ9.9-14.3 x 7.2-10.3μm
 コツブヒメヒガサヒトヨタケ 8.4-10.1x 6.3-8.0μm