ヒメベニテングタケ
Amanita rubrovolvata Imai

ハラタケ目_テングタケ科 テングタケ属


 
POISON 有毒

 夏から秋にかけてブナ林やミズナラ林などで見られる。ヒメと名のつくとおり小型のきのこで、 きのこ狩りの対象にもならないが色は美しい。

 傘は3~4cm、初め卵形で、最後にはほぼ平らに開く。
 表面の色は橙赤色から橙褐色、縁は帯黄色で粉状の物質におおわれる。ひだは柄に離生し、色は白色。
 柄は淡橙褐色からほぼ白色で粉状の物質におおわれ、根もとはふくらむ。

 つぼは傘とほぼ同色か、やや淡色でいぼ状の痕跡として残る。 柄にはつばをもつが脱落しやすい。

つばの周囲に赤い色がつく つぼの周囲にも赤い色がつく