ヒイロチャワンタケ
(別名;ベニチャワンタケ(川村))
Aleuria aurantia (Pers.) Fuckel

チャワンタケ目_ピロネマキン科_ヒイロチャワンタケ属


ヒイロチャワンタケ 2014.10.12 砥石山_

 
 unclear 食毒不明

 夏から秋にかけて、荒地などに群生する。普通は集合してゆがんだ皿型になるが障害物が無ければ整った皿状になる。普通種だがその割にはあまり見かけない。

 子実体は椀形から浅い皿形に開く。
 子実層面は平滑で橙色。直径 2-8 cm.、縁は全縁、外面は白っぽく粉状で無毛。
 肉は薄く脆い。
 柄は無く、中央付近で地面に固着する。

 子嚢胞子は楕円形、無色、2油球を含み表面には網目状の突起がある。