ヘビキノコモドキ
Amanita spissacea S. Imai

ハラタケ目 テングタケ科 テングタケ属


ヘビキノコモドキ

 
POISON 有毒

 有毒。夏~秋、シイ・カシ林、クヌギ・コナラ林などに発生。

 傘は径4~12cm、卵形~まんじゅう形から平らに開く。表面は帯灰褐色~暗灰褐色、 多少繊維状で、最初は黒褐色粉質の小いぼ(外被膜)が密集、連続しているが傘が開くにつ れてひび割れ、大小の集団となって散在する
 肉は白色、ひだは白色、密、縁部は粉状。

 柄 は5~15cm×8~15mm、灰色~灰褐色で繊維状細鱗片におおわれ、つばより下には だんだら模様がある。
 つばは灰白色、膜質、縁は黒褐色粒状、柄の基部の膨大部には壊れた 粉質~膜質のつぼが環状に残る。


〔似たキノコ〕
 → キリンタケ の表面は灰褐色、灰色などで、白~淡灰色粉状のいぼを散布する。