ハンノキイグチ
Gyrodon lividus (Bull. : Fr.) Sacc.
イグチ目  ヒダハタケ科 ハンノキイグチ属


ハンノキイグチ  2010.09.22 常盤公園.

 
Edible mushroom 可食

 夏から秋にかけてハンノキ属の樹木の下に群生する。
 食用にすることができるが、食べたという話をあまり聞かない。

 傘は初め半球形からまんじゅう形で後には平らに開き、表面の色は褐色から黄褐色。湿っている時はぬめりがあるが、乾くとなめし皮状からビロード状。

 管孔は初め黄色で後には黄褐色、柄に垂生する。
 柄は傘とほぼ同色で根もとは赤褐色になり、傘の一方に片寄ってつく事が多い。
 きのこを傷つけると青変する。