ハナウロコタケ
Stereopsis burtiana (Peck) D.A. Reid

タマチョレイタケ目_シワタケ科_ハナウロコタケ属


ハナウロコタケ 20111005 滝ノ上公園

 
Inedible 食不適

 山道沿いの法面などに普通に見られる小さなキノコ。
 傘の直径は1~2㎝前後、表面には光沢があり、放射状のしわが目立つ。
 下面の子実層面は平滑、傘の表面より色が淡く、放射状のシワを帯びる。


〔似たキノコ〕
 → シロウロコタケは全体が白色で、肉が薄い。
 → ヒダウロコタケはより大型で、南方系のきのこということです。