ハイムラサキフウセンタケ
  
 (別名;ブドウイロタケ)
 Cortinarius azureus Fr.
Current Name: Cortinarius anomalus (Pers.) Fr.
ハラタケ目_フウセンタケ科_フウセンタケ属

ハイムラサキフウセンタケ_桜山_20191012

 
 Unclear 食毒不明 .

 傘径4〜7p、饅頭形〜中高扁平〜扁平、時にやや浅皿状で縁部波打つ、表面藤色地に中央部は肉桂色で、周辺部は藤色〜スミレ色地に薄い膜状の白色繊維紋に被われる。粘性を欠き時に条線を表出。
 ヒダは灰色〜淡紫色〜鉄錆色、湾生してやや疎。
 柄は6〜10p、上位につば痕跡があり下部は太まる、表面淡灰紫色で下方ほど淡く、線状や黄褐色の繊維状菌糸を付し、中実。
 肉は柄部では淡青紫色、傘部では灰白色。
 胞子は類球形〜広楕円形、表面は細イボ状。


〔似たキノコ〕
 → ウスフジフウセンタケの胞子は楕円形