(和名無)ペジザ ジェラルディ

Peziza gerardii Cooke
チャワンタケ目_チャワンタケ科_チャワンタケ属

 
 Inedible 食不適 .

 ジェラルディ(Peziza gerardii) は、小型で紫色の浅い皿形~ワイングラス形のチャワンタケで、外見が同様の紫色のチャワンタケとの見分けは難しいのですが、特徴的な胞子の形状のため顕微鏡の観察で種を識別できます。
 主に湿った裸地または道路上、単生または小グループで群生。

 子実体は小さく、無柄、平らな、または小さな丸いカップ状、約 0.5-1.0(2.0)cm、内側はつやのある紫がかった茶色~茶色がかった紫、滑らかで細かい表面、外側は白っぽい色から淡い紫色でつやはなく粗い。
 肉は柔らかく、紫色です


〔よく似たきのこ〕
 → フジイロチャワンタケ も子実層は藤色。

 
ペジザ ジェラルディ_20190909 桜山持ち込み
ペジザ ジェラルディ 胞子 30-37 x 10-13 μ、紡錘形、2〜3個の大きな油滴と多くの小さな液滴を備えた紡錘形で、特徴的です。