エツキクロコップタケ
(別名;クロツバタケ)
Urnula craterium (Schwein.) Fr.

チャワンタケ目_クロチャワンタケ科_エツキクロコップタケ属

エツキクロコップタケ_20140523厚平内_


 
unclear 食毒不明

 その名のごとく柄が付いてワイングラスのようなコップの形をしています。 北海道では比較的珍しいきのこで、ミズナラ林などに5月頃発生します。

 土に埋もれた材上に発生し、コップの径1〜3cm、深さは図鑑によると0.8〜2.0cmの記載がありますが3cm以上になることもあります。
 有柄で、椀の内側は暗褐色〜黒色。外側は暗褐色の毛状菌糸に覆われる。


エツキクロコップタケ 201005  
 
エツキクロコップタケ_20140523厚平内   エツキクロコップタケ_20140523厚平内
 
_20140524appenai、 28-36 x 11-13 um _20140524appenai、 36 x 13 um