ドクカレバタケ(仮)
Gymnopus sp.
ハラタケ目_ツキヨタケ科_モリノカレバタケ属

 
POISON 有毒

 夏〜秋 コナラ林内腐葉上に束生
 傘径2〜4cm、饅頭形〜中高扁平、表面中央部凸凹となり放射状に小じわあり、中央褐色で周辺淡く類白色で短い条線あり。
 柄は 3.5-7×0.2-0.4cm、上下同径か下方にやや太く中空、表面は帯褐白色でねじれ条線がある。
 ひだは上生〜離生し類白色で密、幅 0.2cm。
 肉は薄く類白色で表皮下は表面色。


〔似たキノコ〕
 → アマタケに似るが、柄に微毛が無い。
 → クサカレバタケはダイコンのニオイをもっと強くした、不快に感じるほどの臭気がある。

  
   
   
柄の表面は帯褐白色で、ねじれ条線がある