ドクベニダマシ
Russula neoemetica Hongo
ベニタケ目 ベニタケ科、ベニタケ属


 
unclear 食毒不明

 可食。ミズナラ林に発生。
 傘径5~8cm、ほぼ平らに開き、のち中央部が浅く窪む、表面は湿っている時粘性があり鮮赤色で周辺部淡色、表皮は剥けやすく、周辺部に粒状線を現す。肉は白色で壊れやすく、辛味はない。
 ひだは上生~ほぼ離生、密~やや疎、白色、分岐はほとんどない、互いに脈で連絡する。
 柄は5.5~9cm×10~15mm、白色、しわ状の縦線があり、内部は海綿状のち中空、頂部は粉状、下方に太まり、基部細まる。

〔似たキノコ〕
 → ドクベニタケは表皮が容易にはがしやすく、その下も赤みを帯びる。