アヤメイグチ
(別名;ミヤマイグチ)
Boletellus chrysenteroides (Snell) Snell

イグチ目 イグチ科 キクバナイグチ属


 アヤメイグチ 20110730 桜山

 
unclear 食毒不明

 夏〜秋 落葉広葉樹の樹下腐植土上、あるいは腐木上に単生。
 傘径3〜5cm。しばしば表皮はひび割れ、汚白色〜帯赤色の割れ目を生じる。
 管孔は上生から離生し、レモン色からオリーブ色になり、青変性がある。
 柄の表面は細鱗片状、丁部は黄色、下方に向かって暗紅色〜暗褐色
 胞子は畝状隆起が見られる。
 類似種が多く肉眼的特長からだけでは見分けが難しい。

〔似たキノコ〕
 → マルミノアヤメイグチ の胞子は楕円形
 → キッコウアワタケ の孔口は本種より大きい、胞子の表面は平滑

   
 
 _20160813sakurayama  
_2010813 sakurayama、11.5-16.5 x 6-7μm 左上は畝と畝を繋ぐ横筋が見える

キッコウアワタケと比較
 アヤメイグチ  キッコウアワタケ
 
表面は細鱗片状     縦に繊維紋あり
孔口は角形、径 0.5〜1.5 o 程度 孔口は多角形、径 2.0 o 程度