アシボソクリタケ
Hypholoma marginatum J. Schrot.
ハラタケ目_モエギタケ科_ニガクリタケ属


アシボソクリタケ_ 20181013_桜山

 
 Inedible 食不適 .

 秋、広葉樹の枯木や倒木、埋もれ木などに発生。
 傘は径1〜5cm、円錐形〜饅頭形から平らに開く、縁部に被膜残片を付着。表面黄土〜茶褐色で全面に絹糸状菌糸をまとい、周辺に白色綿毛鱗片を付着する。

 ヒダは白色、後に灰褐色、更に黒紫色となり、柄に直生し、並び方はやや疎〜密。
 柄は傘とほぼ同色で細く、上部は白色、中位以下は黒褐色、白色の綿毛状のものが付く。中空。
 肉は表面色を帯び、丈夫。
 ニガクリタケほどではないがやや苦い。

 胞子は楕円形〜紡錘形、平滑、厚膜、発芽孔を有し、7−8×3.5−5μm。


〔よく似たきのこ〕
 → クリタケモドキは針葉樹から出ることが多く本種より柄が太く黄色味が強い。
 → ニガクリタケは極めて苦く、本種より小型で黄色味が強い。