アメリカウラベニイロガワリ
Boletus subvelutipes Peck

イグチ目_イグチ科_ヤマドリタケ属


アメリカウラベニイロガワリ

 
can be eaten 可食

 夏〜秋、ミズナラ林、コナラ・クリ林などの広葉樹林内地上に群生する。

 傘は径 5〜13.5cm、まんじゅう形。表面は初め微毛を密生し、ビロード状のち無毛平滑。湿ると多少粘性をおびる。色は変化に富み、褐色、帯赤褐色、帯黄褐色、または暗褐色で、強くこすると暗青色に変わる。
 肉は黄色、空気に触れるとすぐに濃い青色に変わる。
 管孔は上生〜離生し、黄色のち帯緑黄色。孔口は血紅〜帯褐赤色(傘縁では淡色)、小型。管孔および孔口は傷つくと暗青色に変わる。

 柄は5〜14 × 1〜2cm、上方に向かってやや細まるかほぼ同幅、基部は黄色の菌糸におおわれる。表面は黄色の地に暗赤〜帯褐赤色の細点を密布し、ときに頂部に細かい網目模様を表す(通常網状紋は認められない)。
 傷つくと暗青色に変わり、その部分はのちに黒ずむ。


〔似たキノコ〕
 → よく似たきのこにバライロウラベニイロガワリがあるが、こちらは猛毒菌なので絶対に食べないこと!。
 → オオウラベニイロガワリと酷似している。見分けるポイントは微妙で、ルーペで柄の上部をみると「オオウラ・・・」では赤い粒点が縦に並び、時に網目様になる。「アメリカ・・・」では一見網目に見えても粒点は一様に付いている。
 → ウラベニイロガワリ は柄の網目がはっきりしている。

   
 
 アメリカウラベニイロガワリの粒点は一様に付いている
_20160807tomakomai _20160807tomakomai
_20160807tomakomai