アカヤマタケ
Hygrocybe conica (Schaeff.) P. Kumm.

ハラタケ目_ヌメリガサ科_アカヤマタケ属


アカヤマタケ 20110929 第一縦断道

クリックで拡大  
POISON 有毒

 食。人によっては中毒することもあるといわれ注意が必要。秋に各種の林内や草地の地上に発生する。
 世界中どこでも見られるようなきのこでは、食毒の区別があいまいなものがいくつか見られる。

 傘は径1.5〜4cm、初め先端のとがった円錐形で後にはやや開き、中央部分は常にとがる。
 表面は繊維状で橙黄色〜赤色、湿っているときは粘性がある。
 ひだは淡黄色から淡橙黄色で並び方はやや疎。柄にはほぼ離生する。

 柄は5〜10×0.4〜1cm、黄〜橙色で繊維状の縦線がある。
 きのこに触れたり、 きのこが古くなったりすると黒く変色する性質がある。


〔似たキノコ〕
 → トガリベニヤマタケ は傷ついても変色しない。
 → スミゾメキヤマタケは全体黄色で傷つくと黒く変色

 
クリックで拡大
クリックで拡大 クリックで拡大
クリックで拡大