アカヤマドリ
Leccinum extremiorientale (L. Vass.) Singer

イグチ目_イグチ科_ヤマイグチ属

クリックで拡大
アカヤマドリ 

  
can be eaten 可食

 夏から秋にかけてナラ類の混ざった広葉樹林地に発生する。日本産のきのこの中では大型になり、食用になる。

 傘は径10~25cm、初め半球形で後にはまんじゅう形に開く。表面の色は黄褐色で、しばしば表皮がひび割れて黄色の肉が見え、幼菌の傘の表面には脳のしわ状の凹凸がある。
 管孔は柄に上生から離生し、初め黄色のちにはオリーブ褐色、孔口は変色性はない。
 柄には黄色から黄褐色の細点がある。

アカヤマドリ_20090801_桜山
アカヤマドリ_20150829_桜山
アカヤマドリ幼菌 2009.08.01 桜山