アカササタケ
 Cortinarius phoeniceus (Vent.) Maire

ハラタケ目、フウセンタケ科 フウセンタケ属


 アカササタケ 高澤

 
 Inedible 食不適 

 傘径約3〜4センチのやや小型のきのこです。

 傘表面は黄褐色繊維状、擦ると周辺部は明黄土色、中央部は赤褐色に変。ヒダは直生してやゝ密で明黄褐色。
 柄の表面は淡褐色繊維状をして上部が黄土色、下部が赤褐色を帯びる。下方に太く棍棒状で触れると黄変。
 胞子は楕円形で表面は細イボ状。 

〔似たキノコ〕
 → アカヒダササタケの表面の色は橙黄褐色から茶褐色、ひだは初め血赤色で後には赤褐色になる。
 → アカタケの色は暗赤褐色でほとんどの場合表面はなめらかであるが、ごく細かい鱗片が付着する場合もある。
 → ササタケのひだは黄橙色のちさび色