アカゲシメジ
Tricholoma imbricatum (Fr. ) Kumm.

ハラタケ目 キシメジ科 キシメジ属

アカゲシメジ_20160904 kodomonokuni

 
 Inedible 食不適 

 秋に、マツ、モミ、トウヒ類の林内地上に発生。

 傘は径4~9cm、まんじゅう形~中高の平らに開く。
 表面は粘性無く帯赤灰褐色、繊維状~細鱗片状。縁部は初め内側に巻く。
 ヒダは湾生、やや密~やや疎。白色でのち赤褐色のシミができる。
 柄 6.5~10×0.8~1.8cm、上下同径で基部がやや細い。上部は白色粉状、ほかは傘と同色で繊維状。中実。
 肉は厚く緻密で白色、のち帯褐色になる。


〔似たキノコ〕
 → クダアカゲシメジ の柄は中空
 → キヒダマツシメジ のひだはレモン色。
 → カラマツシメジ は傘表面・柄とも細鱗片有り。

20160723sakurayama