アイゾメシバフタケ
Psilocybe subcaerulipes Hongo
ハラタケ目 モエギタケ科 シビレタケ属

 
 Poison 有毒 .

 春から秋にかけて、林内のコケ類、イネ科植物の間などに群生か束生する。 有毒、近縁のヒカゲシビレタケ、シビレタケなどとともにワライタケ症状をおこす幻覚性毒キノコの仲間です。

 傘は径2〜3cm、幼菌時は円錐〜釣鐘型、のちまんじゅう形で中央がやや盛上がっていて黄土色ないしはくすんだ粘土色または焦茶色。全体に手で触れると暗青緑色のしみを生じる。
 ヒダは直生〜上生し、密、初め淡色のち汚紫褐色。
 茎は上下同径で細く高さ4〜7cm、中空、表面は絹糸状〜繊維状、白色〜淡黄土色。

 胞子紋は暗紫褐色。


〔似たキノコ〕
 → ヒカゲシビレタケによく似るが、ヒカゲシビレタケは本種よりやや大きく、柄にだんだら模様があり、縁シスチジアが上部や側部に不規則分岐した異型のものが混在する。
 → クリイロムクエタケにも似るが、本種は手で触れると暗青色に変色する。

アイゾメシバフタケ_20180901 喜茂別
アイゾメシバフタケ・シスチヂア_20180901 喜茂別 アイゾメシバフタケ・胞子_20180901 喜茂別